看護師

不妊の原因を病院で調べましょう~HowTo妊活法~

妊娠を望む人へ

doctor

タイミングを合わせても妊娠しないという方は排卵日を間違えている可能性もあります。不妊の原因は個人によって異なってきますから、一度不妊の専門クリニックへ行きパートナーと共に検査してみることをオススメします。

» 詳細

妊娠力を高める

baby

妊娠しない原因はひとつではありませんし、女性にも男性にも原因は考えられます。ですから不妊治療を行う際にはパートナーの協力が何よりも大切になるでしょう。肉体面と精神面の両方負担になることが多いので支え合いながら治療を行う必要があります。

» 詳細

不妊の理由を調べよう

baby

不妊症は原因がはっきりしているものと原因がわからないものがあります。治療に専念することはもちろん大切ですが、ストレスが妊娠力を低下させている場合もありますので、ゆったりとした気持ちで挑むことも大切です。

» 詳細

いろいろな可能性を考える

couple

人気の理由とは

近年、赤ちゃんが欲しいのになかなか授かることができない不妊に悩んでいる人が多くいます。その原因はさまざまですが、それを解消するために多くの女性が妊原因解消法を実践しているのです。不妊解消の第一歩は、病院に行くことです。まずは病院に行き、一通り検査をうけることをおすすめします。病院にいくことで不妊の原因究明をすることが出来るからです。そして、排卵検査薬も使用者の多いアイテムです。排卵検査薬とは、薬局などで購入できるスティック状の検査薬です。排卵時期が近付いて来たら、尿をかけて排卵がおきているかどうかの検査をします。もちろん、100%確実ではありませんが、排卵があるかどうかだけでも知ることは、不妊原因を見つけるために大切なことなのです。

特徴

もうひとつの大切なアイテムがあります。それは婦人体温計です。普通の体温計は持っているという人が多いかと思いますが、それとは別物です。婦人体温計は、小数点二ケタまで測ることのできる体温計で、舌の根に入れて測ります。また、朝一番の体温を測るというのも大切なポイントです。できれば、毎日決まった時間に起きて測ると良いでしょう。これを測って記録していくと、排卵がおきているかどうかをある程度把握することができます。そして、1周期記録をつけてみると、排卵の確認はもちろん、自分自身の平均的な体温や低温期・高温期の有無、さらには高温期が短い場合に考えられる黄体機能不全などの不妊原因を見つけることができるのです。事前に排卵検査薬や婦人体温計でチェックしてから、医療機関にいくと診察もスムーズに行き、効率よく治療を進めることが可能になります。

Copyright© 2016 不妊の原因を病院で調べましょう~HowTo妊活法~ All Rights Reserved.